ストーリーの内容について

お店をやっている人、自宅で教室を開く人、 街を案内している人。

浅草の街を彩る人たちと、浅草に初めて訪れる人たちが出会うことで、浅草の魅力をこっそり分け合うコミュニティイベント『浅草、旅するトーク』です。

記念すべき第1回ゲストは、浅草・仲見世で152年続く日本で唯一の江戸趣味小玩具(豆おもちゃ)・助六の6代目店主・木村光良さんをお招きし、豆おもちゃの歴史・お店(助六)や浅草の街への想いについてお話しをお伺いします。

豆おもちゃを通して見えてくる日本の文化・日本人の美意識を改めて理解し、またお店・浅草への熱い想いを聞くことによって、お店とお客さんという関係性を超えて、浅草の街を彩る助六・木村さんの物語を体感してください。

また当日の会場となる場所は、天丼発祥のお店としても有名な『雷門 三定』さんにてお話しさせていただきます。創業天保8年という歴史あるお店の天丼に舌鼓を打ちつつ、当日は三定店主からもお話しをお伺いする予定です。

※集合場所は、江戸小玩具助六(〒111-0032 東京都台東区浅草2−3−1)に19時です。

8月1日(水)のタイムスケジュール
18:45 開場
19:00 浅草、旅するトークスタート
19:05 旅するトーク趣旨説明
19:15 木村さんのトークセッション
20:05 交流会
20:30 閉会・記念撮影

このストーリーを始めたきっかけ

6代目店主・木村さんとは高校生の時からの付き合いでした。いつも陽気で、明るい友人として長年付き合ってきましたが、浅草の街を彩る人と考えたときにピンときて、依頼しにいきました。その際に改めてお店を拝見し、木村さんの豆おもちゃや助六、そして浅草の街への想いを初めて聞くことになったのですが、今までの彼とは全く違う熱い想いを持つ一面に触れ、私自身大きな発見があり、浅草という街に興味を持ちました。


このストーリーを提供する思い

私自身、浅草という街はどこか縁遠く、海外からの旅行者がたくさん来ていて、いつも大混雑している場所というぐらいのイメージしかありませんでした。木村さんのお話しを聞いて、ステレオタイプな浅草とは全く違う新たな浅草の街や面白さを感じることが出来たので、ぜひその感覚を皆様にも味わっていただけると嬉しいです。


Wadano Manabuさんのプロフィール

1991年3月慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1991年4月株式会社リクルート入社。高校3年、大学4年、社会人5年、通算12年、アメリカンフットボール部に所属。リクルートでは、20年以上に渡り、住宅情報⇒スーモで、不動産広告に携わる。その際、住宅のみを紹介するのではなく、その街の住み心地、作り手の想いなど、街や人に焦点をあてた広告企画を推進。フェイスブックでは、「赤坂だんご屋物語」を、好評連載中。



その他の事項

注意事項
19時に江戸小玩具「助六」に集合し、その後皆様と一緒に三定に移動いたします。遅れてのご参加の場合は移動中の場合もありますので、ご注意ください。
金額に含まれるもの
170年以上の歴史を持ち、天丼発祥のお店といわれる三定さんの天丼付き。なめこ汁(310円)ご希望の方は当日会計でお受けいたします。
参加人数
1回について10名まで。また各回1名未満の場合は実施しません。
実施日の2日前21時の時点で実施有無を決定。自動キャンセルに伴うキャンセル料は発生いたしません。
キャンセルポリシー
開始2日前まで全額返金します。

Koorhhlrwn3no77w04nb

早川 遥菜

2018年 08月 08日

仲見世という、誰もが通ったことのある場所が、ひとつのひとつのお店に物語があるような気がして、通り過ぎてきただけの今までの時間を後悔しました。おもちゃには深い日本人の心が入っていて、とても素敵な物語をまた聞かせていただきました。天丼も美味しかったです。
Picture?height=500&width=500

Haga Miki

2018年 08月 07日

浅草を舞台に江戸小玩具のことや屋台から座敷へ移った江戸前天ぷらのお話をうかがい、文化というのはその時代その時代を楽しんで生きていく人たちがつくっていくもの、と感じました。秋に西日本から東京を訪れる友人と一緒にまた訪れます!

Koorhhlrwn3no77w04nb

早川 遥菜

2018年 08月 08日

仲見世という、誰もが通ったことのある場所が、ひとつのひとつのお店に物語があるような気がして、通り過ぎてきただけの今までの時間を後悔しました。おもちゃには深い日本人の心が入っていて、とても素敵な物語をまた聞かせていただきました。天丼も美味しかったです。
Picture?height=500&width=500

Haga Miki

2018年 08月 07日

浅草を舞台に江戸小玩具のことや屋台から座敷へ移った江戸前天ぷらのお話をうかがい、文化というのはその時代その時代を楽しんで生きていく人たちがつくっていくもの、と感じました。秋に西日本から東京を訪れる友人と一緒にまた訪れます!