ストーリーの内容について

お店をやっている人、自宅で教室を開く人、 街を案内している人。

赤坂の街を彩る人たちと、赤坂に初めて訪れる人たちが出会うことで、魅力をこっそり分け合うコミュニティイベント「赤坂、旅するトーク」です。

今回の舞台となる場所は、1000年以上の歴史を有し長く赤坂の地を守ってきた『赤坂氷川神社』。

ゲストスピーカーとして、赤坂氷川神社・禰宜(ねぎ)の惠川義孝様にお話しをお伺いいたします。

歴史ある神社としての長い歴史、また近年取り組まれてきた宮神輿の制作や赤坂氷川山車の復興の物語、そして現代に置いて神社がどう地域と関わり、赤坂の人たちともに歩もうとされているかという現在進行形の物語や想いをぜひ聞いていただきたいと思います。

惠川様は大手小売り企業にお勤めしていたご経歴をお持ちで、以前は客観的な視点で神社というものを見ていたこともあり、変えるべきところ、そして変えてはならないところを、新しい視点で見つめ、今そしてこれからの時代にあった地域に寄り添う神社づくりを目指されています。

歴史のみならず、今を知ることで、もっと赤坂氷川神社のことを良く知り、引いては赤坂という街のことを知り、そして好きになっていただくきっかけになれればと思いますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

今回は特別企画として、赤坂氷川神社様より皆様を雅楽でおもてなしいただく予定もございますので、ぜひお楽しみに!

【タイムスケジュール】
14:00 赤坂、旅するトークスタート
14:05 旅するトーク趣旨説明
14:10 赤坂氷川神社境内の見学ツアー
14:30 雅楽を見学
14:40 惠川義孝様の物語と想い
15:30 お茶とお茶菓子(赤坂銘菓・赤坂青野の和菓子をご提供)
15:50 記念撮影
16:00 閉会

※開催場所:赤坂氷川神社 参集所
※協賛企業:赤坂青野

このストーリーを始めたきっかけ

「赤坂青野」さんの青野啓樹社長は、高校時代のアメリカンフットボール部の後輩です。

大学、社会人としばらく交流はなかったのですが、7年前にFBでつながったことで、ご縁が復活しました。120年続く老舗の和菓子屋さんの5代目として厳しい商環境ながら「美味しい和菓子を食べてほしい。」「そして赤坂の街を盛り上げたい。」そんな思いで後輩が頑張っていることを知り、少しでも応援したい気持ちになり、FBでも「赤坂だんご屋物語」という連載を毎朝続けております。

そしてそんな彼が毎日欠かさずお参りに行く神社は赤坂の氏神様『赤坂氷川神社』です。

赤坂を盛り上げたいという彼の想いから、赤坂氷川神社をご紹介いただき今回の旅するトーク開催の運びとなりました。


このストーリーを提供する思い

歴史好きの私にとって、赤坂氷川神社さんの持つ壮大な歴史はとても興味深いものがあります。

けれど、そこに惠川様という現代の神社の在り方を考え、地域に根差した神社であろうと熱い想いを持っている方がいらっしゃることがとても面白く、そして新鮮でした。

地域に根ざす神社さんであり、多くの結婚式が挙げられる素晴らしい神社ですが、ぜひ旅するトークでお話しを聞いていただき、物語や背景を知っていただければもっと好きになっていただけると思いますので、赤坂に暮らす人も、赤坂を旅する人にもお越しいただければ嬉しいです。


Wadano Manabuさんのプロフィール

1991年3月慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1991年4月株式会社リクルート入社。高校3年、大学4年、社会人5年、通算12年、アメリカンフットボール部に所属。リクルートでは、20年以上に渡り、住宅情報⇒スーモで、不動産広告に携わる。その際、住宅のみを紹介するのではなく、その街の住み心地、作り手の想いなど、街や人に焦点をあてた広告企画を推進。



その他の事項

注意事項
お気軽にお越しください。
金額に含まれるもの
参加費・お茶・お茶菓子
参加人数
1回について35名まで。また各回1名未満の場合は実施しません。
実施日の2日前21時の時点で実施有無を決定。自動キャンセルに伴うキャンセル料は発生いたしません。
キャンセルポリシー
開始2日前まで全額返金します。

Picture?height=500&width=500

Shiina Kazuo

2019年 07月 04日

旅するトークは毎回楽しく、学びが多く、そして美味しい?体験もできます。 今回は御鎮座一千年の 赤坂 氷川神社で恵川禰宜から普段は聞けない貴重なお話をお聞きしました。江戸時代からの木造社殿、神社拝殿、四合稲荷、灯篭と狛犬、大イチョウ等の見学、参拝をし、雅楽の演奏をお聞きし、赤坂青野さん製造の氷川神社の焼き印入りのどら焼きを美味しくいただきました。境内見学中の土砂降り雨はお送り頂いた赤坂駅では止んでいました。 人生100年の時代と言われます、私は100歳までには少し時間がありますが、10000年の昔に思いを馳せた、充実の一日でした。
Photo

星加 理恵

2019年 06月 26日

下記をご覧くださいませ

Picture?height=500&width=500

Shiina Kazuo

2019年 07月 04日

旅するトークは毎回楽しく、学びが多く、そして美味しい?体験もできます。 今回は御鎮座一千年の 赤坂 氷川神社で恵川禰宜から普段は聞けない貴重なお話をお聞きしました。江戸時代からの木造社殿、神社拝殿、四合稲荷、灯篭と狛犬、大イチョウ等の見学、参拝をし、雅楽の演奏をお聞きし、赤坂青野さん製造の氷川神社の焼き印入りのどら焼きを美味しくいただきました。境内見学中の土砂降り雨はお送り頂いた赤坂駅では止んでいました。 人生100年の時代と言われます、私は100歳までには少し時間がありますが、10000年の昔に思いを馳せた、充実の一日でした。
Photo

星加 理恵

2019年 06月 26日

下記をご覧くださいませ
Male

石澤 達也

2019年 06月 24日

貴重な体験をさせていただきました。 歴史とのふれあい、晴れた日に改めてゆっくり回らせていただきたいと思います。
Gfdutobffyoxucbuyrp7

Wadano Manabu

石澤様、「赤坂、旅するトーク」、ご参加いただきまして、ありがとうございました。「神社のことをもっとよく知っていただきたい!」という恵川様のご協力があって、実現いたしました。幅広い年代の方に、いらっしゃっていただき、自分も嬉しく思っております!
Male

吉澤 利之

2019年 06月 23日

赤坂氷川神社の歴史や裏話、会社員経験の神職 だからできる神社の運営等、たいへん興味深く聞かせていただきました。又、当神社には、何回か来たことが有りますが、説明を受け初めて江戸時代からの灯籠や狛犬が有ることを知りました。たいへん楽しい一時を過ごせました。
Gfdutobffyoxucbuyrp7

Wadano Manabu

吉澤様、このたびは、赤坂、旅するトークにご参加いただきまして、ありがとうございました。「三ノ輪」の都電カフェ、面白そうですね。もしご紹介いただけるようであれば、取材に伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

その他のストーリー