ストーリーの内容について

お店をやっている人、自宅で教室を開く人、 街を案内している人。

虎ノ門の街を彩る人たちと、虎ノ門に初めて訪れる人たちが出会うことで、虎ノ門の魅力をこっそり分け合うコミュニティイベント『虎ノ門、旅するトーク』。

今回の舞台となる場所は、昨年10月に虎ノ門にオープンした、ITを駆使した「チームメディカルクリニック」。

「ITを活用したオフィス街の新基準クリニック」をテーマに、BEAMSの顧問・上原淳さん監修で、リニューアルオープンいたしました。

従前のクリニックは2016年開院。当時最新のMRIの検査機器を導入したものの、毎月赤字を垂れ流す状態。

クリニックの理事長に抜擢された小橋理事長が奮闘するものの、理事長と医師業務の多忙と子育てによる睡眠不足で、自らが病んでしまいそうな状態。

「人の役に立ちたい!」そんな献身的な思いで、毎日必死に闘っているママドクターの物語です。

そして「医療現場、医師の仕事の現実」「健康維持=健康&予防(人間ドック)の重要性」について語っていただきます。

脳ドックで使うMRIの機器についての説明や、ふだん聞けないお話もたくさん用意しておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

開催時間:19-21時

開催場所:チーム メディカル クリニック 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-14 内幸町1ビル

このストーリーを始めたきっかけ

「病気になってからの治療より、病気にならないための予防が大事だよね。」

そんなことをよく話していた、大学時代の友人上原さんから、「今度新しいクリニックの開業を手伝うことになったので来てよ!」と声をかけられたのが1年前。

昨年10月に、虎ノ門に「チームメディカルクリニック」はオープンいたしました。

その時に、理事長として頑張っている小橋ドクターをご紹介いただき、彼女のママドクターとしてのストーリーをお伝えすることになりました。


このストーリーを提供する思い

「医療を非日常ではなく、ライフスタイルのひとつに」を理念に掲げ、ITを駆使した“スマート”なオペレーション、そしてスタッフによる温かく“ハイタッチ”な診療を実現されているクリニック。

ITによる利便性と、アナログな人と人との付き合いから生まれる安心感。

それぞれの良さを駆使しながら、新しい価値を生み出そうとされている、ママドクター小橋理事長の物語を、ぜひ聞きにきてください。


Wadano Manabuさんのプロフィール

1991年3月慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1991年4月株式会社リクルート入社。高校3年、大学4年、社会人5年、通算12年、アメリカンフットボール部に所属。リクルートでは、20年以上に渡り、住宅情報⇒スーモで、不動産広告に携わる。その際、住宅のみを紹介するのではなく、その街の住み心地、作り手の想いなど、街や人に焦点をあてた広告企画を推進。



その他の事項

注意事項
お気軽にお越しください。
金額に含まれるもの
参加費
参加人数
1回について15名まで。また各回1名未満の場合は実施しません。
実施日の2日前21時の時点で実施有無を決定。自動キャンセルに伴うキャンセル料は発生いたしません。
キャンセルポリシー
開始2日前まで全額返金します。


レビューがない